D-Breed Labo Mickey And Haru⇒Blog

オオクワブリードは撤退しました、アクアリウムとバス釣りがメインです Since2010

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: オオクワブリード > 2012年シーズン   Tags: ---

Response: --  

長距離移動の影響

先日は関東のブリーダーさん方が集まる「東のオフ会」へのお誘いがあり、
参加してきました。
個々のスタイルやアプローチは違いますが、皆さんの情熱と目指すベクトルが
同じであることに大きな刺激を受けました。

さて、話は交換の経過に移ります。
今回は福岡から埼玉への長距離移動を余儀なくされた訳ですが、
保険も兼ね幼虫ボトルは2班に分けての配送です。

成虫は幼虫より温度変化への耐性が高いと思いましたので、
第一陣の引越し便で。
引越しはフェリーと陸送ですし、荷物満載のトラックという条件は
温度変化が結構厳しいことが予想されます。
よって、幼虫ボトルは1本目の成績で区分けし、2軍は引越し便、
1軍は通常の宅配便という事にしました。

九州~関東は中一日掛かりますので、断熱を考慮した養生、
通気を妨げない梱包に気を使いました。

しかし・・・

まずは引越し便の段ボールを開封して愕然・・・
殆どの個体が暴れ、上に出てきている状態。
見た感じで大多数が瀕死状態。
成虫は流石に落ちているものがいなくて、これだけは一安心。

止むを得ず、急遽、既製品のボトルに切り替え、発注。
しかしながら、2軍はほぼ全滅か大幅に暴れて最悪の状態。

何とか宅急便で送った第二陣の1軍ボトル組は多少の暴れはあったものの、
比較的軽症で済んでいたことに救われました。

このようなアクシデントでブリード数はいきなり半減しましたが、
全て一緒に運んでいたらと思うと背筋が凍ります。

残った幼虫は予定した時期よりも相当早めて交換しましたが、
このまま温度も比較的高めで引っ張るつもりです。
何とか3本目も喰わせ、起死回生のV字回復ボトルが出ることを祈ります。
スポンサーサイト

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ミキハル(Mickey And Haru)

Author:ミキハル(Mickey And Haru)
ミキハルのブログへようこそ!

pictlayer
管理用
検索フォーム
カウンター

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。