D-Breed Labo Mickey And Haru⇒Blog

オオクワブリードは撤退しました、アクアリウムとバス釣りがメインです Since2010

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 水草   Tags: ---

Response: Comment: 0  -  

佗び草を導入

先日、ADA本社のギャラリーで佗び草レイアウトに興味を持ってしまった私。
我が家でも始めてみようかなと。

プラントグラスで卓上にするか、20キューブでコンパクトに纏めるか、
若しくは水草用の45水槽にドボンか・・・

色々思案した結果、魚メインで水草が殆ど入っていない日淡用45水槽を
水草で繁茂させたいなと。

我が家の日淡用45水槽は隣に置いている60Wと高さを合わせる為、
ハイタイプ(45㎝)を使用しています。

この45水槽は水量を抑えており、佗び草の水上栽培にスペースがあるため、
早速レイアウト開始。

まずは、「佗び草 エキノMIX」を都内の取扱店数軒梯子し、状態の良さそうなものをゲット。

続いて、「佗び草専用ハンガー」。
5㎜厚のフレームレス水槽用となっているが、我が家は6㎜厚。
まあ、針金なのでなんとかなるかと・・・結果は特に問題なく設置出来ました。
と、いいますか、むしろ6㎜の方がグラつかなくていいかも(笑)

そして、一番肝心な給水。
一般的に水上栽培は腰水で、ベースの半分くらいまでを水に浸すのですが、
ADAのギャラリーで見た、ある1本のレイアウトに興味を惹かれて、
参考にさせて頂きました。

そのレイアウトは、壁面に佗び草が一面にへばり付く様にセットされ、
水はシャワーパイプで上から降らせる感じで、
下の魚が泳ぐ水量は極僅かとなっておりました。

外部フィルターを使うつもりでしたが流量が多く、跳ね水の問題と、
佗び草のベースの耐久性が気になりました。

そこでもっと流量の弱いポンプを探すことに。
最終的に選んだのが、エーハイムのミニアップ。
50Hzの場合、130~260ℓ/h、最大揚程0.36mとよさそうな感じ。

早速セットしてみました。



使用部品は、ミニアップ→12/16㎜ホース→エルボーコネクター→
12/16㎜ホース→エルボーコネクター→12/16㎜ホース→
シャワーパイプ(キスゴムクリップで固定)→止水栓。

肝心な水量はミニアップのMAX水量だと強すぎた為、かなり絞っています。
シャワーというよりは、水滴がしたたり落ちる程度。

これで様子を見てみます。


スポンサーサイト

Comments

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ミキハル(Mickey And Haru)

Author:ミキハル(Mickey And Haru)
ミキハルのブログへようこそ!

pictlayer
管理用
検索フォーム
カウンター

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。