D-Breed Labo Mickey And Haru⇒Blog

オオクワブリードは撤退しました、アクアリウムとバス釣りがメインです Since2010

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: オオクワブリード > 2011年シーズン   Tags: ---

Response: --  

今季の仕上がりと来季の展望

明けましておめでとうございます。

年頭に当たり、今季の仕上がりと来季の展望について、
思いつくままに書いてみようと思います。

①今季の仕上がりについて・・・
城島は2番ラインが抜きんでています。アベレージも♂31.4g、♀15.7gとまずまずですね。
♂は1番も悪くありません。この2ラインから、♂81ミリUP、♀53ミリUPを狙います。

久留米は1番が比較的良いように感じていますが、アベレージがついてきていません。
ここ1発の個体でも良いので、♂80ミリUPが出れば御の字だと思います。
♀は6番ラインですね。マイギネス更新は達成できると思います。

中原は2⇒3本目の交換で軒並み体重減となり、設定温度を含めた管理手法の見直しが
必要だと感じました。よって、現状では完品羽化で、次世代に繋がる親の確保が
出来れば良しとします。

川西は期待の幼虫が1ペア居りますが、失敗が許されませんので、これも完品羽化を
目標とし、次世代に繋げたいと考えます。

②来季展望
前回の記事でも書きました通り、久留米、城島、川西と3産地をブリードします。
今季より♂親サイズがUPしてきますので、目標も親サイズ超えを設定するならば、
久留米で81ミリUP、城島及び川西80ミリUPが必須でしょう。

最近は大きなサイズも随分と入手し易くなりましたので、私のような経験が浅い
ブリーダーでも血統背景を頼りに、結果に繋げる可能性が出て来ました。
但し、私自身、これまで何の実績もありませんので、今季は是が非でも
来季に繋がる個体を羽化させたいと考えます。

この世界、フォーマット化された定量的な物指しはサイズしかないと思います。
多くのブリーダーがサイズに拘るように、私もサイズに拘り、更に上を目指して
行きたいですね。
サイズである程度の実績が出るようになると、形状、特に顎のラインにも欲が出るでしょう。
やはり、「大きくて格好良い」が一番ですから、定量的な頭幅以外にも、
全体的なバランスやまとまり感のような定性的な素質に拘りたいと考えます。

来季の種親となる城島79.6ミリです。マツノインセクトさんから購入した、
親サイズ80ミリ×52ミリの2番血統になります。
マツノ城島79.6ミリ 2番血統
今回、正月休みを利用して写真を撮り直してみましたが、生憎の雨模様で
室内での撮影となりました。
やはり上手く撮れません。今年は、この写真撮影技術の向上も目標の一つに
入れておきましょう。

色々と書きましたが、取り敢えずは今季の仕上げに注力します。
私はここからが一番温度管理の難しい時期に入ると考えていますので、
一年の集大成に向けて万全に望みたいと思います。
スポンサーサイト

07 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ミキハル(Mickey And Haru)

Author:ミキハル(Mickey And Haru)
ミキハルのブログへようこそ!

pictlayer
管理用
検索フォーム
カウンター

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。