D-Breed Labo Mickey And Haru⇒Blog

オオクワブリードは撤退しました、アクアリウムとバス釣りがメインです Since2010

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: アクアリウム 【熱帯魚】 > ビーシュリンプ   Tags: ---

Response: Comment: 0  -  

餌の嗜好性について

レッドビーシュリンプの水槽を立ち上げて1ヵ月が経過しました。

まずは練習用に30㎝水槽からスタートです。

濾過/ エアリフト式底面フィルター(ニッソーバイオフィルター30)
底床/ プラチナソイル(パウダー+スーパーパウダー) 

当初はポツポツ死や、稚魚の★率の高さに悩まされましたが、
漸く落ち着いてきました。

餌は何を選んだら良いのか分からなかったので、お試しパック的なものを
与えてみましたがどれもパッとしません。

エビの餌って高いんですよね。
余っても勿体ないので、多くのブリーダーに実績のある製品をチョイス。

色々悩んで選んだのがこれ → 「エビ玉シュリンプフード」
早速与えてみましたよ。

餌が着底した瞬間にエビが反応します。
1分位でエビ団子が完成です。



いやいや、喰いつきが全然違います。
正直、驚きました。
これからはメインはこれでいきますよ。

加えて、おやつ的に乾燥ほうれん草、稚エビにはローキーズ新潟のパーフェクトパウダーフード。
これで様子を見てみます。

しつこいようですが、マクロコンバーターレンズでエビの撮影に奮闘中。

PA032547.jpg

なかなかこれは!!と思うものは撮れません。

ミキハル
スポンサーサイト

Category: アクアリウム 【熱帯魚】 > ビーシュリンプ   Tags: ---

Response: Comment: 0  -  

ローキーズ新潟へ

先日、出張の合間に時間がありましたので、ローキーズ新潟へ行ってきました。

有名ブリーダー系のエビを数多くストックしており、見応え十分です。

埼玉から来たことを告げると、結構驚かれまして、お茶やお菓子をご馳走になりつつ、
話が弾みました。

私が始めたばかりのエビの話、故ADA天野氏の話、等々。
大変、興味深かったです。

手ぶらでは帰れなくなってしまったので(笑)、稚エビ用の餌と、
アマゾニアのパウダーを購入。

P9102333.jpg

稚エビの生存率は孵化後、初期の給餌にかなり左右されるとの事。
数日おきに脱皮するので、大きな個体に餌をとられると、★率増らしい。

もっと早く聞いておけばよかったと後悔・・・

実は、我が家では順調に稚エビが生まれていたので安心していたら、
そのうち忽然と居なくなっていたんです。

環境要因もあるでしょうが、エサ不足も考えられますね。
取り敢えず、またリベンジしたいと思います。

写真の方も試行錯誤やってはいますが、マクロコンバーターレンズでは
限界ありますね。
P9272529.jpg

P9212367.jpg

素人なりに、そこそこは撮れたと思うのですが、
やはり輪郭がシャープでないのと、ピントも甘いです。

もう少し練習してみます。
ミキハル

Category: アクアリウム 【熱帯魚】 > ビーシュリンプ   Tags: ---

Response: Comment: 0  -  

ビーシュリンプ はじめました

リビングの水槽3本の他、自分の部屋に小型水槽が2本あります。

小型1本はタナゴの育成用、もう1本はブセファランドラの水中育成用。

そのブセファランドラの水槽が味気なかったので、「ほんの出来心」で
レッドビーシュリンプを導入。

エビさん導入に当たり、濾過を底面濾過で床材をソイルに。
ゆっくり時間をかけて水を作ってきました。

そして待ちに待ったエビ到着。
ちょっと奮発して抱卵個体を入れましたが、1週間も経たずに早速稚エビを多数確認。

ビーシュリンプは難しいと聞いていましたが、取り敢えずの出だしは好調かな。

折角なので、写真に収めようと思ったら、これがなかなか難しい。
手持ちのミラーレス1眼では全く駄目です。

いきなりマクロレンズは手が出ませんので、ダメもとで「なんちゃってマクロ仕様」からスタート。

P9062327-2.jpg

なんとかそれっぽくは写せましたかね??
カメラ:オリンパスPEN LITE E-PL3
レンズ:M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm f3.5-5.6 Ⅱ-R

Wズームレンズのセットに付いてくる至って普通のズームレンズです。
これにオリンパスのマクロコンバーターレンズMCON-P02をセット。

最大望遠側で22㎝まで寄れます。
最大撮影倍率は0.38倍と等倍撮影のマクロレンズの足元にも及びませんが、
オリンパスPENの必殺技でもあるデジタルテレコンを使えば、
デジタルズーム程、画像を劣化させずに2倍に出来ます。

個人的な感想ですが、思ったよりは大きく写せました。
上の写真がトリミング無しのサイズ変更のみの画像です。

この写真に角度調整と、若干のトリミングを加えたのが下の写真。

P9062327.jpg

照明は60W型LED電球(7.9W 870lm)×2本で撮影。

コントラストを調整して、マニュアルフォーカスでシビアにピント調整すれば、
もう少し上手く写せそうな気がします。

まあ、機材より、そもそもの腕が全く駄目ですので・・・(笑)

しかしマクロレンズ欲しいなあ・・・。

マイクロフォーサーズのマクロレンズは高いんですよね。

少し練習してから考えます。

ミキハル
08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ミキハル(Mickey And Haru)

Author:ミキハル(Mickey And Haru)
ミキハルのブログへようこそ!

pictlayer
管理用
検索フォーム
カウンター

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。