D-Breed Labo Mickey And Haru⇒Blog

オオクワブリードは撤退しました、アクアリウムとバス釣りがメインです Since2010

 

Category: スポンサー広告   Tags: ---

Response: --  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: オオクワブリード > 2010年シーズン   Tags: ---

Response: --  

データで遊んでみた

相変わらず幼虫の方は静観(というか放置)状態でして、
成虫のゼリー交換位でたまにブリード部屋に入る程度です。
この時期でも活発な♂が複数居て、週一のゼリー交換が欠かせません。
♀はほとんど低活性ですので、本当に楽なのですが・・・

先日から次男の具合が思わしくなく、今朝、インフルA型との診断。
予定していた外出も中止になりましたので、ブリードデータで
遊んでみることにします。

私は俗にいう還元率なる言葉が好きではないのですが、大型血統の中には、
最終交換時の幼虫体重がそれほど大きくなくても、余裕で80ミリを超えてくる
ラインもあるようです。

既に80ミリという指標も最早過去のものとなってきましたが、
我が家の手持ちラインで、目標となるサイズを作出するためには、どれ位の
成績(幼虫体重の成長経過)が必要になるか興味が湧きますね。

そこで、昨年2010年シーズンのブリードデータを引っ張りだして、回帰分析で
予想を立ててみることを試みました。
まず、サンプルの条件ですが、
①第一に自己ブリラインであること
②雌雄別に最低でも5頭の羽化実績ラインであること

出来れば同じラインのみで検証したかったのですが、母数が少ないと
どうしようもありません。
ラインも城島と久留米ですので、強引ですが纏めてしまいました。

こうして抽出したデータ(最終交換時の幼虫体重と羽化サイズ)は、♂14、♀33です。

早速、エクセルで回帰直線を求めてみます。
回帰分析2010シーズン

上のグラフが♂、下が♀となりますが、
やはりサンプルが多く、♀の方がまとまり感がありますね。
一方、♂は決定係数が0.1633と話になりません。
強引ですが、(仮に)83ミリは37.8g必要という予測が立ちます。
85ミリだと、驚愕の42.4g・・・ないない。

まあ、(分かりきったことですが)最終交換時=MAX体重ではありませんし、
サイズの大きい♂の方がデータブレするのは当たり前ですね。
これに蛹体重のデータを加えるとかなりマシな回帰分析になると思うのですが、
流石に全部掘る勇気はありません。
一つだけ分かったこと、我が家のライン、スキルでは85ミリはとても難しい。
これだけ(笑)

注)そもそもこの回帰分析が学問的にどうなのかは?ですので、ご容赦を。


そして遊びついでに、もう一つ。

名刺2012

印刷して配ろうなんて微塵も思っていませんが、殺風景なHPの飾り付けに
作ってみました。

おしまい




スポンサーサイト

Category: オオクワブリード > 2010年シーズン   Tags: ---

Response: --  

新成虫の羽化状況 及び 近況など

仕事の方が激務でして、クワの方は最低限の事しか出来ておりません。
気が付くとブリードルームはとんでもない有様に・・・

新成虫掘り出し後のボトル、材割後の産卵セットケース、管理ラックのスペースが
無いので床置き状態の今季ボトル・・・
最早、足の踏み場が無くなりましたね。

これではいけないと、昨夜と今夜で一心不乱に片付け。
漸くまともな形に近づきつつあります。

↓ 最近購入したブリード補助アイテム ↓
送風ファン

我が家はミニ扇風機でブリードルーム内の空気循環をしていたのですが、
最近、作動音が気になり始めたので、買い替えてみました。
家電量販店で以前から目を付けていた「アイリスオーヤマ」の循環ファン。
この値段で首振り機能まで付いているなんて・・・激安です。

さて、今季のボトル投入は全て完了済みです。
後はトレード分や里子なんかが若干増える程度ですね。総数、175本ってトコです。

新成虫の方も羽化後、1カ月を経過したものが増えて来ましたので、
恒例のノギス測定の儀式を敢行中。

BREED DATAを更新しましたので、宜しかったらメインサイトを覗いて下さいね。

ミキハルのホームページ

Category: オオクワブリード > 2010年シーズン   Tags: ---

Response: --  

新成虫羽化報告 城島2番

仕事も案件が集中しますと休暇がズルズルと消えて行きます。
今日は半ば強引に貰った大事な休暇。しかし、子供の病院の
送迎や嫁の買い物で一日が終わりました。
偶にはゆっくりブリードルームに籠りたいものです。

前回は新成虫の羽化報告で城島1番を記事にしましたが、今回は2番です。

2010年シーズン 城島2番 №204
親 : ♂79ミリ(マツノ1番81×52)×♀51ミリ(マツノ4番80×51)

1本目 6/6 PIT800
2本目 9/4 PIT1400 28.1g
3本目 12/2 PIT2300 32.6g

蛹化 5月中旬
羽化 6月中旬 羽化後 2週間前後 80ミリ

2010年 城島2番 №204

この城島はクワガエルさんから譲って頂いたラインです。
前回の記事にも書きましたが、今の所、♂5本中4本が羽化しており、全て80UP。

経過成績から判断するともう一伸び欲しかった感もありますが、
取り敢えずは満足です。

なお、俗に言う大型血統の代名詞、久留米や能勢なんかと比べると、
頭幅が無く、聊か華奢な感じは否めません。

今季は幅もあり、且つ、サイズも83UP。城島では壁が高いとは思いますが、
遣り甲斐もありますよ。

一方、今シーズンの幼虫採りですが、最終調整分の既製品ボトルが50本程届きます。
これで終了です。
トレードや里子等のお話を多数頂いており、未確定な部分もありますが、
城島80、久留米50、川西30、計160本位で今季スタートです。
目標の200本には遠く及びませんでしたが、その分、手間暇を掛ける事としましょう。

Category: オオクワブリード > 2010年シーズン   Tags: ---

Response: --  

今年の新成虫羽化 ♂編

前回の♀の羽化報告に続き、今回は♂編です。
やはり♂も第一号はサイズは別として完品での羽化が希望ですね。

ボトル内部の様子が解らないものもありますので、第一号であるかは
解りませんが、確認できたものでは今年お初の♂になります。

まだまだ取り出しには早いのですが、蛹室にキノコが生えて来まして・・・
亭の良い「良い訳」です。

2010年シーズン 城島1番 №103♂

城島1番 マツノインセクト累代系統 78ミリ×50ミリ(くりぽんさん)

1本目 5/18 LGSP800
2本目 8/25 LG1500 27.0g
3本目 11/24 LG1500 30.3g
蛹化 4/22
羽化 5/18

2010年シーズン 城島1番 №103♂ノギス

未だ若干尻も出ていますし、体色も赤みがかっております。
その辺りも勘案して仮のノギス測定ですが、81ミリ台を何とかキープ。
固まっても80ミリ台はOKと思います。
♂の第一号としましては非常に幸先の良いスタートなりました。

この城島はくりぽんさんからお譲り頂いたペアのブリードになります。
最終交換では♂の30gUP、♀の15gUPを先頭に、非常にブレ幅の少ない
安定した成績で推移しております。

注力ラインの城島だけに、♂のフォルムが気になりますが、
親とは違うアプローチでスタイリッシュ、且つ直線系の顎が
特徴的です。
次世代はこの顎形状を保ちつつ、更なるサイズアップを狙います。

Category: オオクワブリード > 2010年シーズン   Tags: ---

Response: --  

今年の新成虫 羽化第一号

今日は久し振りの休暇。たまには昼間からブリードルームに籠りたい気分でもありますが、
なかなかそうは参りません。

ブログの記事更新もこれまで週1がやっとでしたが、今月は精力的に(これでも)やってます。
更新も出来る時にやっておかないと、後でずるずる間延びするかもしれませんので。

さて、今回は新成虫第一号の紹介です。
これと言って特筆する個体でもありませんが、記念と言う事で記事にしてみました。
未だ、♀が3頭程しか羽化しておりませんので、♂も後日ネタにしますよ。

久留米6番 マツノインセクト 80×53(33番血統)

№10-KUC-MI-403

1本目 7/8  LGSP800
2本目 10/1  LG800 14.1g
3本目 12/13 LG800 14.3g
蛹化 4月中旬
羽化 5/9

2010年シーズン 久留米6番 №403

羽化後1週間しか経過しておりませんが、恐る恐る取り出して測定。
今の所、51ミリ台ですが、落ち着いて51ミリを切る程度だと思います。

2010年シーズン 久留米6番 №403

小さくても、取り敢えずは完品羽化という事で、幸先の良いスタートとなりました。
このラインはマツノインセクトさんから幼虫で購入したのですが、総じて♀の仕上がりが
良いように思います。
最終交換時15g、16g台の♀が居ますので、もう少し上のサイズが出てくれば
来季の♀親候補確定です。

08 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ミキハル(Mickey And Haru)

Author:ミキハル(Mickey And Haru)
ミキハルのブログへようこそ!

pictlayer
管理用
検索フォーム
カウンター

Archive

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。